仕事が楽しければ、人生はもっと楽しい!

こんばんは、安本由佳です^^かなり久しぶりになってしまいました。

 

軽井沢に移住してからはPRやライター業をしておりサロン業は休止しているのですが(またいつか、もう少し歳を重ねてから再開したいな、と思っています)今日は初心に戻って・・・OLを辞めてサロンをスタートさせた時に考えていたことを書いてみようと思います。

 

サロンを開いてみたい、サロネーゼに興味がある。もしくはサロン業でなくてもフリーランスで働きたい、自分で事業をやってみたい。少なからず、そんな気持ちのある方がこのブログを読んでくださっているのかな?と思うので、そういう方が一歩踏み出すきっかけになったらいいな、と思います。

 

結論から言ってしまうと...私は、OLを辞めて後悔したことなど一つもないです。

 

フリーランスで働いている友人が周りにたくさんいて、その中には私と同じようにもともとは会社員だった子も少なくありません。その子たちと話していても、皆口を揃えて「本当ーーーーーに辞めてよかった」と言っています。

 

念のために書くと、別にOLを否定する気はありません。

 

人には向き不向きがあって、OLとしての働き方が自分に合っている場合は幸せですよね。

 

問題は、私のように向いてないのにOLをしていた場合。それはやっぱり不幸です。

 

だって週7日のうち5日は仕事をしているんです。しかも、起きている時間のほとんどを。

 

 

ということは、つまらない仕事で人生の大半をつまらなくしてしまっているんです。ただただ週末を心待ちにして生きる人生なんて、不幸じゃないですか。

 

そんなつまらない毎日を、不幸な人生を真剣に変えようと思って、私はOLを辞めました。

 

毎日の通勤がしんどい、場所の制約を受けたくない、家で仕事がしたい、時間を拘束されたくない...etc そういう現状への不満を解消し、心から楽しいと思える仕事をして、人生をもっともっと楽しみたかったんです。

 

 

数あるフリーランス業の中からまず最初にサロン業を選んだのは、初期投資が少なくて済むから。

 

自宅リビングで開催し、SNSで集客すれば場所代も広告費もかからない。サロン業は物販のように大量在庫を抱える必要もなく、低リスクで始められる、いたってハードルの低い業態で始めやすいと考えました。

(このあたりの話は、オープン準備講座で詳しくお話ししています。皆さん気になる、サロネーゼの収入についても赤裸々に語っています。)

 

 

2011年6月末で会社を退社し、同じ月に、埼玉県川口市の非常に庶民的な(笑)自宅リビングで「Salon de Reve」をオープン。

 

幸いOL時代から書いていたアメブロに一定数の読者がついていたため、オープン初日には千葉の木更津からわざわざお越しくださったり、すぐにインストラクターコースで通いたいという生徒さんも来てくださいました。

 

・私が始めた当時はまだまだポーセラーツのお教室自体の数が少ない時代だったこと

・会社員からサロネーゼに転身するというのもめずらしかったこと

・お稽古ブームのはじまりだった

 

など当時の時流に乗っていたこともありますが、最初から集客の肝となる「ブランディング」&「差別化」をかなり意識していました。

 

今は、特に東京近郊は、もうお稽古サロン飽和状態です。

 

そんな中で、選ばれるサロンになるには、サロン及びサロン主宰者のブランディング&差別化が必須です。ただなんとなくオープンしても生徒は集まらないでしょう。このあたりのお話も、ELLEREVE サロンスターター講座にて、机上の空論ではなく、理論、実体験に基づいて個別具体的なアドバイスをさせていただいています。>>>STEP1ブランディング講座

 

 

OLから起業し、SNSのみの集客でサロン業を軌道に乗せる。

 

当時は何の知識もなく、ただただ無我夢中で試行錯誤して来たわけですが、その中で溜まったノウハウ、知見は山ほどあります。そしてそれは今のPRやライターの仕事にも大いに繋がっているのですが・・・。その話はまた別の日に。

 

ブランディングってどうやるの?

SEOって?お金かけずにやる方法はある?

集客に必要なことは何?...etc

 

サロン業をやってみたい、フリーランスで働きたい。でも、何から始めて良いかわからない・・・

そんな悩みを抱えている方へ。

 

9月のサロンスターター講座は、現在の形としては最終開催となります。

日程調整の上、ぜひご参加くださいませ。

 

 

 

LINE@でも、起業ミューズ®の皆様に役立つ情報を配信予定です。

LINE▶友だち追加▶ID検索▶@ellereve