安本部屋と青山ELLEJOUR部屋

こんにちは。

今日はサロンスターター講座の
ブランディングの講座には
通称安本部屋
青山ELLEJOUR部屋と名のつく相談室があります。

「自分のやるべきことがTO DOに落とし込めました。」

「本当の意味で自分のサロンになりそう!」

嬉しいお声をたくさんいただたいています。


これが事後アンケートでも一番好評いただいている部分です。


「差別化ってしたほうがいいんですよね」
 
「たくさん教室があって集客が不安です。」
そんなお声をよくいただきます。
 
他のサロン・教室のやっていることを見る
他のサロン・教室で人気のありそうなことを取り入れる(真似をする)
さらに他のサロン・教室でやっていないことを取り入れる
 
一見、差別化の方法として間違っていないように見えますし、ありがちなことではないでしょうか?
 
体験レッスンメニュー、資格メニュー、フリーレッスン、とりあえずほかがやってることをうちでもやってみる。
 
一方であなたがサロン・教室をスタートされると決めた時、周りにサロン・教室があればあるほど、その中から選ばれるのは難しくなります。
 
開いた当時は誰もが実績もないところからのスタート。
 
blogの読者さんの数も、既にサロンをしている人、blogを長年している読者さんが多い人に比べて圧倒的に不利です。
 
「本来は、会社員時代よりも、もっと自分らしく、自分の好きなことができると思って起業したのに....。」
 
「周りが新しいレッスンを始める度に、焦って私もやらなきゃっていう気持ちになって、色んなことに手を広げてしまい、手が回らない....。」
 
なんてことになりかねません^^;
そのスパイラルに陥らない為に。
 
後発のサロンほど「正しい差別化」が必要です。
 
 
正しい差別化で大事なのは真似ではなく独自性。
 
 
そして後発になればなるほどピンポイントにブランディングしていくことが「正しい差別化」の近道。
 
その独自性ってなに?
ピンポイントなブランディングって?
 
STP、AIDMA、ブランド・ロイヤルティetc...難しいマーケティング用語を勉強する必要はなく

正しい見せ方、落とし込みが必要です。
 
この見せ方、落とし込みが重要で一番難しい作業。
 
これができていれば悩まれてないはず、、、、。

講座で徐々に具体化されたものをどう落とし込んだらいいか、それをご案内しているのが

安本部屋と青山ELLEJOUR 部屋です。
 
安本と青山ELLEJOUR で丁寧に個別アドバイスをさせていただいております。


 

LINE@でも、起業ミューズ®の皆様に役立つ情報を配信予定です。

LINE▶友だち追加▶ID検索▶@ellereve