なぜサロン・教室なの?という話。

こんばんは。

月曜担当、安本由佳です。

 

こちらでは私がこの1週間何してたか?を書くつもりでいるのですが

先週もずっと軽井沢にこもって原稿執筆しかしておらず笑

特段書くこともないので、今回はマインド系の話を久しぶりに書こうかと思います。

 

私がELLEREVEでサロンスターター講座を開催しようと思うに至った背景には、

 

「サロン・教室を開きたい」という目標&夢が、「自分の強み」の延長上にあるべきだ。

 

という考えがありました。

 

サロン・教室をやってみたい。

 

そう思うきっかけは人それぞれで、家で仕事がしたいから、とかマイペースに働きたいから、とか。

そういう自分都合の理由がきっかけでも全然構わないとは思います。

(というか、そういう人がほとんどだと思います。)

 

ですが、家で仕事がしたいなら、フリーライターでも、ネットショップでも、他の手段もあるわけです。

マイペースに働きたいというのも同じ。別にサロンじゃなくても全然いい。

 

その中で、なぜサロンなのか。

 

そこをきちんと考えずにスタートすると後で必ず後悔します。

それはサロン業に限らずですが、華やかだったり楽しそうに見える仕事ほど、裏側はとてつもなく地味だから。

好きなことじゃないと、得意なことじゃないと、絶対に続きません。

 

 

サロンスターター講座 STEP②ブランディング講座では、自己分析を繰り返して強みを明確化していきますが

その中で、

 

①人と関わるのが好きじゃない。

 

とか

 

②人に物事を教えた経験がない。

 

とかいう方、けっこういらっしゃるんです。

 

もちろん、人と関わるのが苦手なら苦手なりの、人に何かを教えたことがないならないなりのやり方はあるので一概に向いてないとは言いませんが。

とはいえサロン・教室業を目指す人のほとんどが①②は得意であることが多いので、そうなるとビハインドではありますよね。

 

それなら、強みを生かせることを目指したほうが良いかもしれない。

 

私たちは別に、サロン・教室業がすべてだと思ってはいないので

講座内で他のことが向いていると思えばそのように率直にお伝えしたりもしています。

 

サロン・教室業をするにしても、こういうやり方をすれば強みが生かせるよね、とか

こうすれば差別化できるよ、というようなアドバイスも、僭越ながらさせて頂いています。

 

 

誰にでも強みは必ずあり、ブランディングとはそれをどう生かすか、という話。

何も難しいことではないんです^^

 

ELLEREVE サロンスターター講座は次回3月4日(土)−5日(日)に東京開催予定。

2017年、変化の年にしたいという方のお越しを、ぜひお待ちしております。

 

 

LINE@でも、起業ミューズ®の皆様に役立つ情報を配信予定です。

LINE▶友だち追加▶ID検索▶@ellereve