一年の始まりは刺激的

あけましておめでとうございます。

青山ELLEJOURです。

ひらめき99%というテーマでこちらのblogを書いています。

「ひらめき記事」昨年はこちらの記事が人気のようでした。


今回は「ひらめき」というか、「刺激」の話。

刺激といえば↓こちらの商品。
「R-20 大人向けわさビーフ」

こういったノリのパッケージに惹かれます(笑)

危険マーク付き。

押してはいけませんと書いてあると押したくなる。。。

かなり刺激的でした。。。


むせました。

涙もでました。

刺激とはやはりこういうものなんですね。

ひらめき99%、今週はこんな記事。


☑刺激的

☑最後に刺激待ってます。


 

 

年末年始は久しぶりに会う友人も多く、刺激を沢山もらいました。

周りは学び続けてる方が多くて、刺激を沢山もらえて、有難いなと思います。

ある人は60歳からピアノを習いはじめたり、
ある友人は会社員からMBA取得のために語学勉強、ある友人は会計士から弁護士目指して勉強しはじめたそう。
手話を習い始める友人も。

 
内容は人それぞれですが、
「すごいな〜」と思うのと同時に
私もまかれてしまおうと思いました(^^;;

私は昔から器用ではないので、何をするにも「できた!」と思えたことがなくて、会社員時代も今も、ポーセラーツも。

日本語の使い方がおかしいですが、
世の中自分よりできる人しかいない(^^;;

なので逆に落ち込むことがなく、ポジティブだと勘違いされやすいですが、、、。

これはどの世界に入っても同じで。
絵を描いてますが、美大にいっても、どの学校に行っても、昔から自分より描ける人しかいませんね、、、。
周りを見たり、評価される度に撃沈。
常に撃たれすぎて、もう沈みようがありません、、、(笑)

お正月に皆に会って、みんなやり続けてるから、諦めずやり続けようみたいな。
あらためて思いました。
何を書きたかったかというと、、、、。

もしこちらをご覧になって色々迷われている方がいらしたら、

これができてから、とかこれを準備してから、とかではなくて、


今でしょ!!


もう死語?笑 (・・;)


「できる」の基準は人それぞれかもしれませんが、時代の流れが早すぎて、
いま「できる」ことは半年後には古くなってあまり意味がなくなっているし、今の時代、結局終わりがないんじゃないかなと思います(^^;;

だから早く動きだすに限るのでは?!と。



なんて書きましたが、
「すぐ会社を辞めたほうがよい」と起業を啓蒙しているわけではありません。

会社を辞めて思うことは、
会社員時代に「あれ」も「これ」もしとけばよかったな〜と。

「あれ」や「これ」は数えきれません。

お正月に会った友人も皆、会社員時代に知り合った友人達。

会社員時代の経験は非常に役立っています。

会社員時代は当たり前だと感じていた事がいかに手厚かったか、会社の名刺がなくなった時に、自分は非常に小さくて、会社の保護なしに出来た仕事なんてなかったと、今は心から思います。

ここでいう保護とは、人脈やお金、チームで動く有り難みなどなど。

保護がない状態でやみくもに動くほど、恐ろしいことはないですね。
。。涙

もし色々迷われている方がいらしたら、サロンスターター講座に是非いらしてください ^ ^
「あれ」も「これ」もお話ししてます(笑)


余談ですがこんなのみつけました↓↓↓
刺さりました(笑)