校閲ガールの河野悦子に学ぶこと

 

 

青山ELLEJOURです。

 

ついにドラマ「校閲ガール」が最終回をむかえてしまいました。

 

毎週主人公のえっちゃんこと河野悦子のファッションが素敵でした。

 

最終回のイエローのワンピース、可愛かったなあ(ღˇᴗˇ)。o♡

 

 

今週の記事はこんな方にオススメ

 

☑校閲ガールを見ていた

 

 

 

 

今週のリアルライフ

 

先週、今週は本当にあっという間に過ぎていきました。

 

キルンアート作品展&コンクールのサロン部門のPOPの制作と展示。

 

そして今まさにグループ展出展用の絵画制作、企業さまからオーダーいただいたイラストの制作。

 

そして納期は今週末|゚Д゚)))

 

どうなる・・・今週末。(苦笑)

 

絵がなかなか浮かばない。

 

未熟であるがゆえの葛藤ですが。

とにかくDO!DO!

考えて描いて、描いて考えて、描いてを~とにかくやろう、とそんな風に思っています。

 

 

いったん現実から目を背けて、校閲ガールに戻ります。

 

校閲ガールにはまったのはポーセラーツ教室に通っていただいている生徒さまの

 

「校閲ガール」面白いですよ~ ^ ^

 

でした。

 

回を追うごとにはまってしまい、続きが気になり、原作の「校閲ガール アラモード」を買ってしまう始末。

 

人気ファッション誌の編集者になりたい主人公えっちゃん。

 

本来はやりたくない「校閲」の仕事に関わりますが、

やりたくない仕事を目の前にしても、全力で仕事に取り組み、そんな姿勢に周囲も感化されていく話。

 

 

目の前の仕事に全力で取り組んでいる姿勢にとても元気をもらっていたような気がします。

 

劇中の登場人物、花形といわれる編集者の後輩ちゃんですら自己実現しているわけではない・・・・。

 

必ずしも誰もが好きな仕事をしているわけではない、、、。

 

私も会社員も長かったので非常に理解できます。それでも河野悦子は頑張る。

 

最終回までに、ポジションは違えどみんなやりたくない仕事もしながら、頑張っている。

とにかく目の前のことに全力で取り組むべし!!!と説かれたような内容でした。

 

 

 

 

先週も開催しました!サロンスターター講座でもお話していると、毎回サロン・教室開業を検討されている方から

 

「サロン業って色んな仕事があるんですね」

 

この言葉をよくお聞きします。

 

私もサロン・教室業は色んな仕事があわさった面白い仕事だな~と思います。

 

 

・レッスン

・事務作業

・作品制作

・集客

・作品写真撮り

・blogを描く

 

などなど

 

誰しも得意不得意はあるのでサロン業の中で苦手な部分ってきっとあるような気がします。

 

私もこの中で苦手な事が結構あります。

 

最初はやりたい仕事だと思ってこの仕事をはじめたのに、うまくいかなくて迷うこともありますよね。。。

 

 

河野悦子マインドから学べることがあるな~と思いました。

 

 

 

 

 

 

サロンスターター講座次回開催は来年3月に決まりました!

 

 

LINE@でも、起業ミューズ®の皆様に役立つ情報を配信予定です。

 

LINE▶友だち追加▶ID検索▶@ellereve